つぼのツボ無料アプリができました!
Android app on Google Play
ここからページの本文です。

顔の麻痺

処置の方法

指圧が効果的です
重度のものは医者の診察を!
蒸しタオルを巻いて暖めよう

処置の説明

夏場にクーラーや扇風機をつけっぱなしにしたまま寝ると、起きたとき顔が強張って動かなくなったりするときがあります。こういった顔面神経の麻痺は、顔が長時間冷やされたり、疲労が重なったりしたときの、顔面神経の機能の鈍りによっておこったものです。東洋医学では「口眼過斜」ともいい、ひどくなると眼が閉じなくなったり、口が歪んで食べ物がこぼれたりします。

この病気は、ツボを刺激して顔の「表情の筋肉」を動かし、活性化させることで快方に向かいます。毎朝晩、かかさず続けましょう。早ければ三週間ほどで効果があらわれます。

ただし、顔全体が能面のようにひきつってしまった場合は脳の中枢の病気が原因ですから、すぐに専門医に相談しましょう。

関連する症状