つぼのツボ無料アプリができました!
Android app on Google Play
ここからページの本文です。

脊髄性小児まひ

処置の方法

指圧が効果的です
重度のものは医者の診察を!

処置の説明

ポリオは指定伝染病の一つで、夏から秋にかけて流行する病気です。発熱、頭痛、下痢といった症状が出ますが、このうちの九割以上は症状も軽く、2〜3日で治ってしまう不顕性感染がほとんどです。しかし稀に、発熱がおさまった途端に手足の麻痺という深刻な症状が現れることがあります。これは、ポリオのウイルスが脊髄の灰白質に侵入し、脳から出ている手足を動かす信号を遮断してしまうためにおきる症状です。このとき手足は冷たくなっています。急性のポリオ(脊髄性小児まひ)にかかってしまった場合は、手足が氷のように冷たくなってしまいますので、急性症状が取れたら手足が冷えないように温湿布などで温め、下図のマッサージをおこなってください。

関連する症状