つぼのツボ無料アプリができました!
Android app on Google Play
ここからページの本文です。

ツボの疑問:なぜ病気になるの?

人間は六臓六腑の働きがにぶると、経絡の流れが滞り、病気になるといわれています。では、なにが経絡に影響を与えるのでしょうか?

人間は誰でも自然のなかで暮らしています。人間の体は、春夏秋冬といった季節の変化、暑さ、寒さ、湿度といったの天候の変化、朝昼晩といった時間帯、晴れ、雨、風、雪などの気象の変化といった自然の変化に、たえず影響されています。あたたかな日にはいい気もちになったり、雨の日は憂鬱になったり、寒い日には布団から出るのがおっくうになったり、湿度の高い日はいらいらしたりするでしょう?このように自然環境は人間の感情に影響を与えますが、身体の中の神経系や運動系、内臓にも影響を与えています。汗をかいたり、鳥肌が立ったりというのがいい例でしょう。と、いうよりも神経系や運動系、内臓が自然の影響を受ける事で、いい気もちになったり、いらいらしたりするといった、感情の変化が表れるといった方がただしいのではないでしょうか。

こういった自然環境の変化を、東洋医学では「病気の外因」と、呼んでいます。つまり、外部からの変化に身体がうまく順応する事で、人間の身体は健康を保っているわけですが、その変化に身体がうまく対応できないとき、体調をくずしたり、心身に不快を感じたりするわけなのです。その一方で、我々は社会という対人関係の中で生活をしています。そんな中で我々は日々、「喜び、悲しみ、憂い、思い、怒り、驚き、恐れ」という感情をくり返して生活しています。こういった情緒の乱れを、東洋医学では「七情の乱れ」と呼び、「病気の内因」として、最も重要視しています。実に抽象的な事ではありますが、人間の感情を乱すものであれば、それは六臓六腑に影響が出てしまいます。ストレスで胃に穴が空く、というのが最たる例でしょう。

このほかにも会社や学校、家庭などで溜まったストレスによって、暴飲暴食になったり、生活が不摂生になったりして、体調に不調をきたす場合もあります。これを「病気の不内外因」と呼んでいます。

これら三つの原因が体内の経絡の流れに影響を与え、滞らせるために、身体の中の内臓や組織の機能に支障をきたし、それがさまざまな症状となってあらわれるのです。