つぼのツボ無料アプリができました!
Android app on Google Play
ここからページの本文です。

つぼを詳しく知る:東洋医学の世界観

東洋医学ではすべてを自然に準えています。自然界には光と影、つまり「陰と陽」があります。また自然界は、植物、熱、鉱物、土壌、液体からなり、これらはそれぞれ「木、火、金、土、水」の五行で表現され、すべてのものはそのいずれかに属します。これが東洋医学の基本概念「陰陽五行説」です。 東洋医学では人間の身体も、自然界に属するという考え方をします。男性は陽であり、女性は陰といった具合です。内臓も同様に「肝の臓、心の臓、脾の臓、肺の臓、腎の臓」の五臓は五行に属します。そして五臓の助手的な内臓に「五腑」があります。五腑というのは「胆、小腸、胃、大腸、膀胱」のことで、臓と腑が一対になって互いに助け合いながら生命を維持しているのです。この五つの組み合わせを「五臓五腑」といいます。「肝胆相照らす」という諺はここからできたことばです。

五臓六腑の関係性を女性をモデルにして示した図。この関係性を文章で表すと次のようになる。

「五臓五腑」の関係性

  • 火=心の臓と小腸
  • 水=腎の臓と膀胱
  • 木=肝の臓と胆
  • 金=脾の臓と胃
  • 土=肺の臓と大腸

以上が五臓五腑ですが、実はもう一対、「心包」という臓と、「三焦」という腑があります。心包は大切な臓器である心の臓を包み込んで保護する袋があるはずだという考えからそう名づけられた臓で、三焦とは人間が体温を維持するために三つの熱源を持っているはずだという考えからでてきた腑です。東洋医学では、この「六臓六腑」が、人間の身体をコントロールしていると考えています。

ただしこれはあくまで東洋医学の考え方であり、西洋医学とは全く異なることが数多くあります。例えば先に挙げた五臓の「脾の臓」は西洋医学的には「脾臓」ではなく「膵臓」をさします。これは杉田玄白らが「解体新書」を訳した際に使った漢方の用語が、日本の現代医学用語の始まりとなったためだといわれています。

東洋医学と西洋医学とでは、それぞれが全く異なる独自の文化を築いてきたわけですから、どちらが正しいと決めつけることはできないとおもいます。東洋医学には東洋医学の世界観があるということなのです。